プログラミング教育情報

小学生の春休みはいつから?休み中にチャレンジしたい目標も紹介!

小学生の春休みは短い!子どもはどうやって過ごすべき?

小学生の春休みは新学期のスタートを切るための期間であり、春休みを有意義に過ごすことはお子さんの学習や成長にとって重要です。

無計画に過ごしてしまうと学習や生活のリズムが崩れ、新学期をスムーズに迎えられなくなるでしょう。保護者様としてお子さんの成長を支えるには、春休みの過ごし方を重視し、適切に支援する必要があります。しかし、どのようにサポートしたら良いのか悩む方々もいることでしょう。

小学生の春休みでは復習や予習、新たな挑戦やプチ旅行など、さまざまな過ごし方が挙げられます。この記事では、カテゴリーごとに具体的な過ごし方を紹介しますので、春休みの計画を立てる際の参考にしてみてください。

小学生の春休みはいつからいつまで?

小学生の春休みは一般的には3月25日頃から4月5日頃までで、土日を含めると10〜12日間ほどです。ただし、地域によっては2週間以上の長い春休み期間を設けるところもあります。

春休みの期間は地域によって違いはあるものの、新学期のスタートを待つ重要な休暇であることは変わりありません。春休みは小学生の子どもたちが学習や成長に取り組むチャンスであるため、約10日〜14日程度の休みを有効に活用したいものです。

【学習・学校生活】春休みの過ごし方5選

2週間ほどの春休みに、1年間のまとめをしたり新学年に向けての準備を整えたりするのは非常に大切です。ここでは、学習や学校生活に関わる過ごし方について解説します。

1年間の勉強の復習・弱点の補強

春休み期間はこれまでの学習を振り返り、忘れないようにするための良いタイミングです。学校から宿題が出ていれば、まず宿題に取り組ませて知識をしっかり定着させる必要があります。

さらに春休み期間中には、苦手教科や単元などの理解を補強しなければなりません。新学年に進級すると難易度が上がるため、理解が不十分なままでは学習についていけなくなる可能性があるからです。お子さんが春休みの間に弱点を克服して自信をもてば、新学期を前向きな気持ちで迎えられます。

新学期の予習・準備

既習事項の復習と補強ができたところで、春休みを利用して新学年の学習内容を予習する時間を取り入れましょう。学びに対する不安を軽減させたり、新たな学習に興味をもたせたりするメリットがあります。

春休みの間に学習を進めて課題の解決法がわかれば、実際の学習場面でのつまずきを回避できるかもしれません。先生が教えてくれる内容もよく理解でき、深く探求することも可能です。難しい問題への挑戦心が芽生え、学習に対する前向きな姿勢へとつながるでしょう。

1日5分でも学習習慣をつける

学習は継続してこそ定着し理解を深められます。このため、春休み期間中においても一日5分でも学習する姿勢を保ちましょう。

逆に、春休み期間中に何も勉強しない習慣が身についてしまえば、これまでの努力が無駄になるかもしれません。せっかく理解した学習内容も春休みの間に忘れてしまう可能性があります。

たとえば、1、2年生であれば計算カードを解く時間を設定し、春休み期間中に計算スキルや速さを低下させないように毎日練習させましょう。

学校用品の手入れ

春休み期間もほかの長期休暇と同様に、子どもたち自身が上履きやランドセルなどを掃除する時間をつくりましょう。

春休みの間に学校用品をきれいにし、新学年に向けてフレッシュな気持ちを高めるようにします。上履きがあまりにも傷んでいる場合は新たなシューズに取り換えるなどして、家庭に応じた手立てを講じましょう。

ほかにも、春休みの間にお子さん自身が筆入れやお道具箱の中身を確認して、足りないものを補充したり取り替えたりする時間をつくることも重要です。

学習物の整理整頓

春休みの期間を利用して、プリントや作品などの学習物を厳選して処分することも必要です。そのまま保管しておくと部屋や棚などの整頓が難しくなり、しかも処分する際に時間がかかってしまいます。

煩雑なまま机のなかやボックスにためておくのは学習環境としても良くありません。春休みを利用して1年間の学習物に目を通し、必要なものだけ取っておきます。

低学年の場合は、保護者様がお子さんと確認しながら、整理や処分などをサポートするようにしましょう。

【体験・家庭】春休みの過ごし方5選

春休みの過ごし方として、家庭ごとに体験の場を提供する方法があります。まずは、お子さんの部屋の片づけからスタートして気持ちをすっきりさせましょう。ここでは、体験や施設の利用などの過ごし方について紹介します。

自分の部屋の片付け・断捨離

春休み中には、前の学年で使用した教科書やプリント類を整理しましょう。整理するといっても、新学年で前の教科書が必要になる場合があります。したがって、一旦別の場所に保管し、新学期の学習や生活場面で生かせるゆとりももたせましょう。

また、春休み期間に子ども部屋全体を整理整頓して不要なものを断捨離します。整理された部屋は学習に集中できる環境であるため、今後も必要に応じて環境を整えられるでしょう。

春休み中の片づけや断捨離は、小学生のお子さんが新学年に向けて気持ちを新たにできる取り組みです。保護者様は、学年に応じて整理の仕方をサポートしましょう。

地域のイベントへの参加

春休み中に学校や家庭生活とは異なる経験を提供するために、地域のイベントに参加する機会をつくりましょう。地域で開催されるさまざまなイベントや、子どもたちが楽しめるアクティビティを見つけて新しい体験を促します。新しい友達や知り合いをつくる場となり、普段の生活とは異なる楽しみを提供できるでしょう。

また、春休み中に地域イベントへ参加するのは人間関係を広げる際に役立ち、小学生の子どもたちにとって自由に楽しめる場となります。新学期へのワクワク感を高めたり、より良い思い出をつくったりできるため、積極的に活用しましょう。

レジャー施設・体験型施設

学習の充実と並行させながらレジャー施設や体験型施設に出かけるのは、子どもたちの好奇心を刺激したり新たな発見を促したりすることにつながります。

また、楽しい体験を通じて親子のコミュニケーションを深める機会となるでしょう。春休みの思い出づくりにも最適です。

レジャー施設や体験型施設は、以下のような場所が挙げられます。

  • アスレチック広場
  • 遊園地
  • 動物園やサファリバーク

このほか、料理教室や仕事体験なども、家族との共同作業を通じて楽しさや喜びを感じられる場となるでしょう。

学童・児童館の活用

春休みに学童保育や児童館を活用する選択肢もあります。学童や児童館を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 学童保育:学習時間を設けられており、学校のリズムを維持できる
  • 児童館:同年齢の子どもたちと思いきり遊べる機会がつくれる

小学生の子どもたちは退屈することなく、先生や友達と一緒に有意義な時間を過ごせます。また、学習に加えて外遊びをする機会があるため、春休みの運動不足を回避できるのもメリットです。

家族でプチ旅行

春休みに家族でプチ旅行を計画するのは、家族との楽しい思い出をつくるうえで大切です。1年間のがんばりを共有しながら、新年度のスタ―トに向けて気持ちをリフレッシュできます。

旅行は子どもたちの学びにとっても貴重な要素です。今までとは異なる場所を訪れて普段の生活では得られない体験ができれば、知識や経験を豊かにできます。

ただし、遠出する必要はありません。春休み期間中に、ちょっとした旅行気分を味わえるだけでも楽しい時間を共有でき、家族の絆を深められるでしょう。

【チャレンジ】春休みの過ごし方5選

春休みの過ごし方として、学習の復習や予習、家族との思い出づくりなどについて解説してきました。ここでは、通常の学習以外の要素や体験などを挙げながら、子どもたちにとって「チャレンジの春休み」となるアイデアを紹介します。

毎日の日記・絵日記

春休み中にお子さんに日記や絵日記を書かせることは、創造力と表現力を育てる方法としておすすめです。その理由は、以下のとおりです。

  • 日記:日々の出来事や感情を整理して文字で表現するなど、思考力を鍛える
  • 絵日記:ある出来事について絵を通して、表現するスキルや視覚的な表現力を育てる

日記や絵日記は自己認識を深めることにつながり、自己成長を助けます。のちに春休み中の日記を振り返り、楽しい思い出をよみがえらせたり新たな点に気づけたりする機会も得られるでしょう。

一枚絵の完成

春休みにじっくりと一枚の絵を完成させて、子どもたちの創造力や視覚的な表現力を向上させましょう。

一枚の絵を完成させるのには、以下のようなメリットがあると考えられます。

  • クリエイティブな表現力を鍛える
  • 集中力や忍耐力を養う
  • 美的センスを高める
  • ストレスを軽減する

絵を描くのは表現力に加えて、どのような色彩や形状を選んで組み合わせたらよいか考える力も養えます。保護者様は肯定的なフィードバックを与え、お子さんが春休み終了後も自信をもって創作活動ができるようにサポートしましょう。

プログラミングでゲームづくり

春休みに宿題がない場合、子どもたちのなかにはゲームが魅力的な時間となり、学習や生活のリズムを乱してしまう可能性があります。

保護者様としては、子どもたちがスマホに没頭し過ぎないように注意することが必要です。その際、プログラミングでゲームづくりを体験できる機会を提供しましょう。

プログラミングは、子どもたちに創造性や論理的思考を養ううえで役立ちます。ゲーム制作では子どもたちが自分のアイデアを形にし、問題解決能力を発展させながら学びます。プログラミングを通じて新しいスキルを磨ければ、お子さんの自信につながるでしょう。

小説の読破

読書は子どもたちの語彙力や表現力を向上させ、想像力を広げます。春休みは時間が豊富であるため、小説の読破をめざすのもすばらしいアイデアと考えられます。

春休み中に読む本を選ぶ際は、読者のレベルに合った内容の書籍を見つけましょう。読書好きのお子さんであれば、少し難しい本や長編小説に挑戦して自己成長を促進できます。一方、読書が苦手なお子さんは、自分の興味を引く分野や短編小説から始めることで、読書の楽しみを発見しやすくなるでしょう。

レシピを見ながら料理に挑戦

レシピを見ながら料理に挑戦するのは、子どもたちの成長や能力向上に効果を発揮します。料理を美味しく作るには、準備から調理、仕上げまでの過程を正確にたどらなければなりません。このプロセスで以下のような力を養うことが可能です。

  • 順序立てて考え、作業する力が向上する
  • 材料を整えたり下ごしらえをしたりするなど段取り力を養う
  • 料理に必要な数学的概念を学ぶ機会となる

また、料理や食事を通じて家族とのコミュニケーションが図れる点もメリットです。比較的ゆとりのある春休み中に、お子さんが料理に挑戦できる時間をつくってみましょう。

【アウトドア】春休みの過ごし方

春休みには普段とは異なるアウトドアも楽しめます。ここでは、春休みならではのお花見とキャンプやバーベキューといったアウトドアの過ごし方について解説します。

お花見

お花見は春の象徴的な行事であり、家族や友人と楽しむ良い機会です。公園や川辺で桜を愛でながらリラックスした雰囲気で美味しいお弁当を食べるのは、子どもたちにとって格別の体験でしょう。

お花見を楽しむために、小学生のお子さんがお弁当づくりに参加することは有意義な体験です。最初はシンプルなおにぎりやサンドイッチから始め、食材の選別や包装を手伝わせてみましょう。子どもたちは食材の扱い方を学び、料理に対する関心も高められます。

キャンプ・バーベキュー

春のキャンプやバーベキューは、子どもたちにとって貴重な体験や学びの機会となります。

キャンプではテントを張ることから始まり、たき火をしたりアウトドアでの生活を楽しんだりできます。自然の中で過ごす時間を通じて、リラックスしながら家族や友達などと触れ合えるでしょう。

バーベキューでは、年齢に合わせて子どもたちにお手伝いをさせましょう。食材の下ごしらえや調理に参加することで料理スキルの向上だけでなく、家族や友達と協力して何かを創り上げる喜びも味わえます。

学校が休みの間に習い事を始めるメリット

春休みを利用して新たな習い事を探して挑戦させてみるのは、子どもたちの成長につながる良いサポート方法です。ここでは、春休み中に習い事を始めるメリットについて4つ紹介します。

学習習慣が根付く

春休みに習い事を始めるメリットの1つ目は、春休みが年度の節目である点と深く関わっています。小学生の子どもたちは春休み中に学んだことを次の学年につなげ、気持ちの準備や展望を得られるでしょう。

春休み期間中に習い事を始めるのは学習習慣の向上にも役立ち、知識やスキルの定着が進む場合があると考えられます。学習塾はもちろん、ピアノやスイミング、プログラミングなどについても、春休み中に始めて学ぶ習慣づくりを形成するのは、子どもの学びに対する姿勢にプラスの効果を与えるでしょう。

外出する理由が生まれ、家でゴロゴロしにくくなる

春休み中に習い事を始めるメリットの2つ目は、子どもたちに外出の機会を与えて家でゴロゴロさせにくいことです。

学童保育を利用しておらず、近所に児童館がなければ、小学生のお子さんは家のなかでテレビやゲームをして時間を費やしてしまうかもしれません。この状況を回避するためには、家の外に出なければならない用事をつくることが必要です。

習い事があれば、子どもたちにとって生活のリズムをつくりやすい状態になり、メリハリのある一日を過ごせるようになります。

新学期に向けて新しい友達を見つけられる

春休みに習い事や短期教室に参加すると、子どもたちは、共通の興味や趣味をもつ仲間と出会える機会を得られます。新しい友達との交流は、子どもたちの社交性を高めたりコミュニケーション力を向上させたりします。

なかには、人見知りや物おじしやすい性格のお子さんがいるかもしれません。しかし、春休み期間を利用して、ゆっくりと友情を育める機会を設定できれば、新学期へ向けてのモチベーションも高められます。新たなクラスの子どもたちと仲良く過ごせる素地を養えるでしょう。

精神的な自立をサポートできる

春休みに習い事を始めることは、精神的な自立をサポートする重要な役割を果たします。精神的な自立を助けるには、以下のポイントがあります。

  • 自分から新たなスキルや知識を習得しようとする意欲を養う
  • 自分から目標を設定して達成するための努力を続ける
  • 問題を解決したりストレスをコントロールしたりする力がつく

習い事を通じて、自己分析を進めて新たな挑戦へとつなげる行動力も身につきます。比較的時間をとりやすく、節目の時期でもある春休みを利用して習い事を始めるのは、お子さんのすこやかな成長をサポートする良い機会になるでしょう。

春休み中に始める習い事なら「プロクラ」

春休み中に始める習い事として、プログラミングは魅力ある学びの一つです。プログラミングは小学校でも導入されており、将来の仕事にも活用できる要素をもっています。

春休みを利用してプログラミングを学べば、子どもたちの論理的思考力や問題解決力、創造力などを向上させるうえで役立つでしょう。家庭学習にも生かしたり、子どもたちの好奇心を刺激したりする要素も多く含まれています。

「プロクラ」はプログラミング学習を通じて、子どもたちの個性を尊重しながら新たなスキルや知識の習得をめざすスクールです。春休みの時期を利用して学習習慣、生活リズムなどを身につけることも可能です。興味をもたれた保護者様はぜひ問い合わせてみてください。

まずは、無料体験教室へ